よくあるご質問

よくあるご質問

よくいただくご質問と、それに対するお答えを掲載いたします。
ご不明な点やご質問、詳しく知りたいことがございましたら、ハビープラスまでお気軽にご連絡ください。
ご連絡をお待ちしております。
放課後等デイサービスとは何ですか?
放課後等デイサービスは児童福祉法に基づく障害福祉サービスの一つで、小学生・中学生・高校生が学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設をいいます。
学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、発達に心配のあるお子さまの自立と社会スキル向上を目指します。また、そのご家庭を支えることも目的としています。
学齢期は、身辺自立、社会性、コミュニケーション能力などを身につける上で非常に重要な時期です。ハビープラスでは、お子さまが大人になった時、社会の中で感じるかもしれない居心地の悪さをできる限り軽減できるよう、必要なスキルを習得するための支援を行います。
誰でも利用できるのですか?
小学生・中学生・高校生(18歳まで)で、発達の遅れや障害をもつお子さまを対象としています。ご利用にあたって療育手帳は不要ですが、市区町村の窓口で発行される障害児通所支援の「受給者証」が必要となります。受給者証の取得手続きについては、ハビープラスが個別にご案内します。
受給者証とは何ですか?
放課後等デイサービスの利用に際して、実施するサービス給付の内容を個別に明らかにしたものです。放課後等デイサービスを受ける際には、この受給者証が必要になります。受給者証には、月ごとの利用の回数、負担上限額などが記載されます。自治体の担当窓口にて申請手続を行う必要がありますので、ハビープラスをご見学の際に手続きについてご説明いたします。
市外に在住ですが利用できますか?
ご利用いただけます。
放課後等デイサービスを利用するための受給者証は、全国どちらの自治体で発行されたものでも可能ですので、受給者証をお持ちであれば、どこにお住いでもご利用いただけます。
料金はどれくらいかかりますか?
児童福祉法に基づく障害福祉サービスになりますので、サービス利用料金の1割のご負担となります。
サービス利用時間に関わらず1日約1,000円でご利用いただけます。
また、世帯の所得に応じてさらに月間上限額が適用されます。この月額上限額は、所得に応じて、以下のように設定されています。

・生活保護:生活保護受給世帯…負担なし
・低所得:市町村民税非課税世帯…負担なし
・一般1:市町村民税課税世帯(所得割28万円未満)…4,600円
※収入が概ね890万円以下の世帯が対象となります。
・一般2:上記以外…37,200円
詳細は、お住いの自治体にお問い合わせください。
利用までの手続きの流れを教えてください。
ハビープラスご利用のための手続きは、一般的に以下のようになります。
1.見学の申し込み
お電話や、WEBサイトのメールから、ご見学日時の設定などをしていただきます。(WEBメールからの場合、ハビープラスから確認のお電話をもって確定します)
2.見学(体験利用)
ハビープラスへお越しいただき、施設をご見学いただきます。また、担当者がハビープラスについてご説明させていただきます。お子さまと一緒にお越しいただける場合、併せて体験利用をすることができます。(見学や体験利用は無料です)
3.受給者証の準備
受給者証をすでにお持ちの場合は、すぐに次のステップにお進みいただけます。
受給者証をお持ちでない場合は、自治体に受給者証の申請手続を行っていただきます。取得手続の方法などについては、詳しくご説明いたします。
4.契約
受給者証の準備ができましたら、ハビープラスにお越しいただきます。
重要事項の説明をさせていただき、契約手続きを行い、利用開始となります。
利用を考える前に、見学やお試しをすることはできますか?
可能です。施設でハビープラスについて詳しくご説明させていただきますが、その際、施設の雰囲気をご見学いただけます。また、お子さまに実際の指導を体験いただくところを親御さんに見ていただくことで、利用についてじっくりとご検討いただくことをお勧めしております。まずは、お気軽にお問い合わせください。(見学や体験利用は無料です)
どんなスタッフがいますか?
保育士や養護教諭、児童指導員など、知識と経験を持ち合わせた児童教育におけるプロのスタッフたちがお子さまの成長を支援します。
土曜日や日曜日、祝日は営業していますか?
はい、オープンしています。ただし、年末年始や特別な休業日などがある場合もございますので、ハビープラスにお問い合わせください。
送迎サービスはありますか?
申し訳ございません。バス等での巡回送迎を行うと、正味の利用時間が少なくなってしまうことから、送迎サービスは行っておりません。ご自身での通所か、ご家族の方の送迎をお願いしております。
他の放課後等デイサービスと併用できますか?
併用してご利用いただけます。ただし、合算した利用日数が支給量を超えないようにしていただく必要があります。
土曜日、祝日、長期休暇の際の昼食はどうすればいいですか?
土曜日や祝日も利用時間は午後からとなります。ご自宅で昼食を摂られてからお越しください。
資料請求・見学お申込み