よくあるご質問

よくあるご質問

よくいただくご質問と、それに対するお答えを掲載いたします。
ご不明な点やご質問、詳しく知りたいことがございましたら、ハビープラスまでお気軽にご連絡ください。
ご連絡をお待ちしております。
1.放課後等デイサービスとはどういう場所ですか?
放課後等デイサービスとは、平成24年4月に児童福祉法改正により定められた障害児通
所支援の一つです。学校(幼稚園、大学を除く)に通う知的障害、精神障害(発達障害を含む)、身体障害、または障害の疑いのある小学生・中学生・高校生(18歳まで)の児童が、学校の授業終了後、学校の休業日、夏休みなどの長期休暇中に通う施設のことをいいます。
ご家族の方に対しても、子育ての悩み相談や、ペアレントトレーニング等の活用のほか、放課後等デイサービスを利用することでご家族の時間を確保するなど、ご家族の方がお子さまと向き合うゆとりと自信を回復する側面もあります。
2.利用するにはどうすればよいでしょうか?
まずはお気軽に見学にお越しください。ご利用にあたって、市区町村の窓口で発行される障害児通所支援の「受給者証」が必要となります。お住いの市区町村の窓口で放課後等デイサービスの利用の申請をし、受給者証が発行された後にご契約となります。受給者証の取得手続きについては、ハビープラスが個別にご案内いたします。
3.受給者証とは何ですか?
福祉サービスを利用するために市区町村から発行される証明書です。
市区町村から指定相談支援事業所が紹介される場合や、保護者自身で必要な書類を作成する場合がございます。作成に当たってご不明な点がございましたら、お手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください。
4.療育手帳がないのですが…
療育手帳や障害者手帳がなくても、受給者証を発行することができます。詳しくは市区町村の窓口にお問い合わせください。
5.最重度の手帳なのですが大丈夫でしょうか…
最重度であっても受け入れは可能です。設備面等での不安などもあると思いますので、まずは教室の見学にお越しください。
6.なかなか子どものことを相談できる人がいなくて困っています…
ハビープラスのスタッフでは児童指導員や保育士、社会福祉士、特別支援学校教諭な ど知識と経験を持ち合わせた児童教育におけるプロのスタッフが、皆さまの思いに寄り添ってご相談に応じます。
7.ほかの放課後等デイサービスに通っているのですが利用できますか?
受給者証の上限日数の範囲内で事業所を併用することが可能です。また、上限日数を増やすことも可能ですので、市区町村の窓口にご相談ください。実際に併用される方もいらっしゃいます。
8.パソコンってどんなことをしますか?
電源の入れ方から始まり、マウスの使い方やタイピング、2020年から始まるプログラミング教育にも対応し、小学校1年生から高校生までプログラミングの指導も行っております。WordやExcelなども指導いたします。
9.SSTって何ですか?
SSTは「ソーシャルスキルトレーニング」を略したものです。例えば、学校での友人関係のトラブルなど、実際に生活の中で起きる様々場面を想定し、良い解決法について考え、そのうえで必要な想像力などのスキルを身につけます。
10.学習支援はどのようなことをしていますか?
それぞれの苦手なところに合わせて、個別で指導をしております。国語や算数などのほかに美術や音楽などの教科にも対応することができます。例えば、夏休みの自由研究や学校の音楽の発表会に向けた練習など、個別の教室でスタッフの指導の下、じっくり取り組むことができます。もちろん日々の学校の宿題の指導もしています。
11.就労に向けてどのようなことをしていますか?
ハビープラスは、障害者就労移行支援事業所の「ウェルビー」が母体になっており、「ウェルビー」の就労訓練に準拠したカリキュラムを実践していきます。
12.学校とは連携していますか?
ご要望に応じて学校やほかの関係機関とも連携します。お子さまに関わる様々な施設と連携をとることで、より良い支援につながると考えております。
13.休みの日も利用できますか?
土日祝日や夏休みなどの長期休暇もご利用が可能です。年末年始はご利用いただけません。
14.利用時間はどのようになっていますか?
教室により異なりますが、平日は最大13時半ごろから19時20分まで利用できます。
学校休業日は最大9時30分から17時50分までとなっております。
15.利用料金はどのようになっていますか?
ご一回のご利用が約1000円となりますが、所得に応じて上限金額がございます。
所得区分 負担上限額 所得区分の認定方法
生活保護 0円 生活保護受給世帯
低所得 0円 市区町村民税非課税世帯
一般1 4,600円 市区町村民税課税世帯(概ね890万円/年以下の世帯)
一般2 37,200円

上記以外

料金の例(上限額が4600円の方)
〇1か月のご利用が3回の場合
1回の金額約1000円×3回=約3000円   
〇1か月のご利用が5回の場合
1回の金額約1000円×5回=約5000円 となりますが、上限が4600円なのでご負担額は4600円となります。利用回数がさらに増えても同様です。
ご不明な点は教室までお問い合わせください。
16.市外に在住ですが利用できますか?
ご利用いただけます。
放課後等デイサービスを利用するための受給者証は、全国どちらの自治体で発行されたものでも可能ですので、受給者証をお持ちであれば、どこにお住いでもご利用いただけます。
17.利用を考える前に、見学やお試しをすることはできますか?
可能です。施設でハビープラスについて詳しくご説明させていただきますが、その際、施設の雰囲気をご見学いただけます。また、お子さまに実際の指導を体験いただくところを親御さんに見ていただくことで、利用についてじっくりとご検討いただくことをお勧めしております。まずは、お気軽にお問い合わせください。(見学や体験利用は無料です)
18.利用までの手続きの流れを教えてください。
ハビープラスご利用のための手続きは、一般的に以下のようになります。
1.見学の申し込み
お電話や、WEBサイトのメールから、ご見学日時の設定などをしていただきます。(WEBメールからの場合、ハビープラスから確認のお電話をもって確定します)
2.見学(体験利用)
ハビープラスへお越しいただき、施設をご見学いただきます。また、担当者がハビープラスについてご説明させていただきます。お子さまと一緒にお越しいただける場合、併せて体験利用をすることができます。(見学や体験利用は無料です)
3.受給者証の準備
受給者証をすでにお持ちの場合は、すぐに次のステップにお進みいただけます。
受給者証をお持ちでない場合は、自治体に受給者証の申請手続を行っていただきます。取得手続の方法などについては、詳しくご説明いたします。
4.契約
受給者証の準備ができましたら、ハビープラスにお越しいただきます。
重要事項の説明をさせていただき、契約手続きを行い、利用開始となります。
資料請求・見学お申込み