ハビープラスとは

発達障害とは

発達障害ってなに?

発達障害とは、生まれつきの脳機能の障害により、認知、言語、社会性、運動など、発達のしかたに得意なところと苦手なところがある障害です。なぜ脳機能障害が起こるのかということははっきりと判明していません。
発達障害は外見では分かりにくいことが多く、周りの人からは、「わがまま」「しつけができていない」などと誤解される場合もあります。ご自分を責めてしまうご家族の方もいますが、おうちでのしつけや育て方、環境などが発達障害の原因ではありません。重要なことは発達障害についての適切な知識を身につけ、早期に適切なサポートを行っていくことです。早期から療育をすることで症状をある程度緩和させることができます。もしお子さまの発達に心配な点があるようでしたら、一度、医療機関の発達外来に行かれることをお勧めいたします。
最近は「発達障害」という言葉がメディアや教育の現場でも多く取り上げられるようになりました。行政はじめ社会全体での支援の輪は広がりつつありますが、お子さまの健全な成長のため、まずは発達障害についての知識と理解を深めることが重要になってきています。

発達障害の種類とは?

発達障害とは、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と発達障害者支援法により定義されており、大きく3つに分類されます。

1自閉症やアスペルガー症候群その他広汎性発達障害
2学習障害(LD)
3注意欠陥多動性障害(ADHD)

広汎性発達障害

コミュニケーション・対人関係・社会性の障害、行動にパターン化が見られるという特徴があります。
また、記憶力がとても優れている場合もあります。自閉症やアスペルガー症候群がこれに含まれます。

自閉症

他人と関わらず目を合わせられないなど社会的関係の形成が困難、言葉の発達が遅れる、興味や関心が狭く特定のものにこだわる、目的もなく走り続ける、意思疎通がうまくできないためパニックに陥りやすい、といった特徴があります。知的発達が見られない場合は高機能自閉症と呼ばれます。

アスペルガー症候群

言葉の発達や知的発達の遅れはないのですが、表情や行間を読むことができないためコミュニケーションをとることがうまくできません。特定のものに過剰なまでに熱中する、規則的な行動にこだわりを見せるといった特徴があります。

学習障害(LD)

知的な発達に遅れがない場合が多く、聞く・読む・書く・計算するなどの能力の一つまたは複数の能力を身につけることに困難が生じます。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)

集中力がない・忘れっぽい(不注意)、じっとすることができない(多動性)、思い付きで行動してしまう(衝動性)、などの特徴がみられます。

軽度発達障害とは?

発達障害は、知的な障害がない(または軽度の)場合に「軽度発達障害」と呼ばれることがあります。障害が比較的軽くても生活のしやすさとは関係しないため軽度という表現は使用されなくなってきています。

発達障害「グレーゾーン」の子どもたち

アスペルガー症候群の興味・関心の偏り、注意欠陥多動性障害の不注意や思いつきでの行動といった症状は、発達障害ではない人にもありがちです。支援が必要なのか、単に個性的なだけか、が見極めにくい「グレーゾーン」の子どもたちが問題となってきています。