ハビープラスとは

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、平成24年4月に児童福祉法改正により定められた障害児通所支援の一つです。学校(幼稚園、大学を除く)に通う知的障害のある児童、精神障害のある児童(発達障害児を含む)、身体に障害のある児童または障害の疑いのある児童が、学校の授業終了後、学校の休業日、夏休み等の長期休暇中に通う施設です。ご本人やご家族の特性や希望、目標を踏まえた支援を計画し、自立した日常生活を営むために必要な生活能力を向上を目的とした訓練、創作的活動、余暇の提供、学習の支援、ソーシャルスキルトレーニング、就職支援のためのトレーニング、療育等、多様なサービスを提供し、自立を促進するとともに居場所づくりを行います。

また、ご家族の方に対しても、子育ての悩み相談や、ペアレントトレーニング等の活用のほか、放課後等デイサービスを利用することでご家族の時間を確保するなど、ご家族の方がお子さまと向き合うゆとりと自信を回復する側面もあります。

放課後等デイサービスの利用対象者

学校教育法に規定する学校(小学校・中学校・高等学校)に就学している障害のある、主に6歳~18歳の児童(知的障害、精神障害、発達障害、身体障害)

※18歳を超えても引き続き放課後等デイサービスを受けなければその福祉を損なうおそれがあると認められるときは、満20歳に達するまで利用することができます
※療育手帳、障害者手帳等の有無は問わず、市区町村の担当者、医師、専門家等により療育や支援が必要と認められた児童も対象になります

ご利用料金

利用にあたりご負担いただく料金は、サービス利用料全額の1割となり、サービス利用時間にかかわらず、1日約1,000円でご利用いただけます。
また、世帯の所得に応じてさらに月間上限額が適用されます 。

所得区分 負担上限額 所得区分の認定方法
生活保護 0円 生活保護受給世帯
低所得 0円 市区町村民税非課税世帯
一般1 4,600円 市区町村民税非課税世帯(概ね890万円/年以下の世帯)
一般2 37,200円

上記以外

利用までの流れ

1.放課後等デイサービスの施設を見学
2.お住まいの市区町村の自治体に連絡し、受給者証を申請
3.受給者証の発行・交付
4.利用開始

受給者証の有効期間は1年間となります。
※詳細はハビープラスのスタッフ、またはお住まいの市区町村の担当者にお問い合わせください。

参照:放課後等デイサービスガイドラインについて(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000082831.html