ハビープラスとは

障害や発達の遅れが気になる学齢期のお子さまが放課後や学校のない日に通う教室

ハビープラスは、障害(発達障害、知的障害、精神障害、身体障害など)のある就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や長期休暇中などに通う場所で、放課後等デイサービスの施設になります。 放課後等デイサービスは児童福祉法に基づく障害児通所支援の一つで、学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、発達に心配のあるお子さまの自立と社会スキル向上を目指し、ひとりひとりの特性にあった指導方法、専門的な学習、コミュニケーション指導を行っています。 また、そのご家庭を支えることも目的としています。

ハビープラスでは、ひとりひとりの個性に合った指導方法により、お子さまが放課後や学校のない日の生活を楽しみながら成長できる支援を実践します

学齢期は、身辺自立、社会性、コミュニケーション能力などを身につける上で非常に重要な時期です。お子さまが大人になった時、社会の中で感じるかもしれない居心地の悪さをできる限り軽減できるよう、必要なスキルを習得するための支援を行います。 児童教育、児童学習、特殊支援教育、療育のプロとして、ご家族の立場に立ち、ご家族の方々と共に考え、一緒にお子さまの成長、発達をサポートしていきます。

ひとりひとりのカラーをだいじに

ハビープラスでは、ひとりひとりの特性にあった指導方法により、お子さまが放課後や休暇中の生活を楽しみながら成長できるプランを実践します。 人間ひとりひとりにはそれぞれ個性があります。同じカラーを持った人は世界中探しても誰一人いませんし、感じ方も特性もさまざまです。すべてのお子さまが楽しく、そのカラーを伸ばしていけるよう、一緒に全力でサポートさせていただきます。

ハビープラスとは